豆知識

フロリダグレープフルーツにまつわる様々なデータを紹介します。
あなたの知らないフロリダグレープフルーツを発見してみてください。

世界的グレープフルーツの産地 フロリダ州(1)

世界的グレープフルーツの産地 フロリダ州

グレープフルーツはここで生まれる

2015年-2016年シーズンのアメリカ産グレープフルーツのうち、カリフォルニア産はそのおよそ19パーセント、テキサス産は25パーセント。のこる56パーセントをフロリダ産が占めています。フロリダはアメリカ最大のグレープフルーツの産地であると同時に、世界最大級のグレープフルーツの産地でもあります。

世界的グレープフルーツの産地 フロリダ州

その作付面積は150平方キロメートル。430万本の木から、フロリダ グレープフルーツは収穫されます。

フロリダのグレープフルーツは、その約60パーセントがフロリダ半島の東、大西洋を間近にのぞむ、インディアンリバー地区で生産されています。輸出用でいえば、76パーセントがインディアンリバー地区で育てられています。

なぜインディアンリバー地区ではこれほどグレープフルーツ栽培が盛んなのでしょうか。その理由は、インディアンリバー地区ならではの、グレープフルーツ栽培に理想的な自然環境にあります。

世界的グレープフルーツの産地 フロリダ州(2)

インディアンリバー地区とは

サンシャイン・ステイト(陽光の国)とも呼ばれるインディアンリバー地区は、さんさんと降り注ぐ太陽の光に恵まれた亜熱帯気候の土地で、降水量も豊富です。

またその土壌は、大西洋に隣接しているため、海水の影響でカルシウムやミネラルをふくんだ、貝殻とサンゴの破片でできたコキナ石灰岩から成っています。

どこまでもつづくような、起伏のすくないその土壌の、わずか60 – 90cm下には、地下水脈があります。

フロリダ グレープフルーツの傷の理由

フロリダ産グレープフルーツの自慢は、大量の果汁、バランスのよいあまみと酸味が織りなす絶妙な味わい、皮が薄くたっぷりとした果肉、健康によいさまざまな成分……どれも、インディアンリバーの豊かな自然の恵みがグレープフルーツにもたらしたものです。

世界的グレープフルーツの産地 フロリダ州

ところで、みなさんは、果皮にたくさんの傷がついたグレープフルーツを店頭でみかけたことはないでしょうか?それはきっと、フロリダのグレープフルーツです。この傷こそ、フロリダのグレープフルーツがインディアンリバーの豊かな自然のなかで育った証拠なのです。

時にハリケーンの被害に見舞われることもあるフロリダでは、グレープフルーツは、強い風や雨にさらされます。このとき、葉や枝と果皮がこすれあって、グレープフルーツの表面に傷がつくのです。

世界的グレープフルーツの産地 フロリダ州

自然のなかでのびのびと育った生命は、それぞれに、その生まれ育った環境がしるした、個性的な見た目をしているものです。ちょっといびつで、傷がついているのもまた、フロリダ グレープフルーツの自慢のひとつです。

トレード情報