お知らせ

フロリダ グレープフルーツシーズン開始

フロリダ グレープフルーツのなかのAmazingをみつけてみよう

今年もあっという間に冬の足音が聞こえてきました。店頭にも、冬の野菜やくだものがならんでいます。そして、冬といえば、ビタミンたっぷりの採れたてフロリダ グレープフルーツがお店を賑わせる季節。

今シーズンのフロリダ グレープフルーツの収穫は10月にはじまりました。そして、4月までフロリダでは収穫がつづく予定です。もっともあまくてジューシーな旬のフロリダ グレープフルーツはといえば、今年も例年どおり、1月に収穫されます。一口ごとに、エネルギーがはじけるようなその味は、きっと冬の寒さを吹き飛ばしてくれるはず。そのまま食べても、さまざまな栄養が、あなたの健康な毎日をサポートしてくれるフロリダ グレープフルーツ。もちろん、料理にも花をそえてくれます

「冬が来るということは、フロリダ グレープフルーツが甘く、ジューシーに育っていくということ。グレープフルーツの産地は世界中にありますが、亜熱帯気候の産地はフロリダだけ。私たちは、フロリダのグレープフルーツこそが、世界で一番おいしいグレープフルーツだと、自信をもっています。」

と、フロリダ州政府柑橘局の国際マーケティングディレクター マイケル・シャドラーは語ります。

フロリダのかんきつ生産者は、まぶしい太陽のもと、青々しい畑で、何世代にもわたってグレープフルーツをつくりつづけています。フロリダ州フォート・ピアース周辺に先祖から受け継ぐ広大な果樹園をもつ、マイク・ガラバグリアもそのひとり。フロリダでグレープフルーツ栽培が盛んな理由を「フロリダならではの亜熱帯性気候が、グレープフルーツを育てるのにうってつけなのです」と説明します。「日光、高い湿度、雨。これらがフロリダ グレープフルーツを味わい深くジューシーなグレープフルーツにするのです。残念ながら、この気候条件のせいで、ほかの産地のグレープフルーツとくらべると、フロリダ グレープフルーツの外観は、あまりきれいではないのですが、味では決して負けませんよ。」

マイクにかぎらず、フロリダのグレープフルーツ生産者たちは、こう言います。「本がおもしろいかどうかと、その本のカバーがステキかどうかは、別問題。本は読んでみないとわからないですよね。フロリダグレープフルーツがAmazingなのは、中身なのです」

最後に、栄養士 ガイル・ランパーソードに、冬を健康に過ごす方法をきいてみましょう。ランパーソードによれば、「冬になって、外が寒いからといって、食事を寒々しいものにしてはいけません。フロリダ グレープフルーツは、日々の食べ物にひと味くわえてくれるだけではなく、そのさまざまな栄養成分が寒い季節を元気に乗り切るためのエネルギーをくれるのです。味覚をくすぐってくれて、ビタミンC、ビタミンA、カリウム、食物繊維がとれる。ステキな健康法だとはおもいませんか?」

ランパーソードがおすすめするのは、以下のような健康法です

一日にとる野菜、くだものの量を増やしましょう。朝のスムージーやランチのサラダにフルーツをくわえるのは、やってみればそんなに難しいことではありません。

メニューにフルーツがあったときは、もう半分、もう一個、と多めに食べるようにしてみましょう。カロリーが気になるなら、ほかの食べ物を減らせばいいのです。

ビタミンCがおおく含まれているくだものを食べるようにしましょう。フロリダ グレープフルーツならば半分で一日に必要なビタミンCのほとんどをとることができます。ビタミンCは免疫力をたかめるためにとても大事な栄養素です。

フロリダ グレープフルーツのように水分のおおいくだものをとるようにしましょう。そのほうが満腹感がながもちします。

普通のサイズのフロリダ グレープフルーツのカロリーは大体60カロリー。もちろん脂肪分ゼロです。200ccちょっとのグラスにグレープフルーツジュースを入れても100カロリーほどです。

トレード情報