30日間チャレンジキャンペーン

大学スポーツ×30日間チャレンジ

フロリダ グレープフルーツ × 大学スポーツ 30日間チャレンジ 日本体育大学 女子サッカー部篇

フロリダ グレープフルーツ × 大学スポーツ 30日間チャレンジ
日本体育大学 女子サッカー部篇

「フレッシュに生きる」が合言葉のフロリダ グレープフルーツ。4年目をむかえる「フロリダ グレープフルーツ 30日間チャレンジ」の開催にあたって、今シーズンは、正式なチャレンジの告知まえから、ふたつの大学スポーツチームに30日間チャレンジに“先行参加”してもらっている。いまの、そして次世代のスポーツ界の最前線に立つ“いまが旬”な学生アスリートたちは、何を考え、何を目指しているのか。そして、まさにフレッシュに生きている彼ら、彼女らの目に、いまが旬の「フロリダ グレープフルーツ」はどんな風にうつるのか。フロリダ グレープフルーツと大学スポーツの接点をさがしに、「フロリダ グレープフルーツ 30日間“先行”チャレンジ」も中盤にさしかかったある日、ふたつの参加チームのうちのひとつ、日本体育大学 女子サッカー部を我々はたずねた。

文: 鈴木文彦
写真: 阿部昌也

大学女子サッカー界の強豪 その素顔

チーム所属選手は約70人。2011年、2012年と全日本大学女子サッカー選手権を連覇し、過去15度という最多優勝回数を誇る日本大学女子サッカー界の強豪、それが「日本体育大学 女子サッカー部」だという。そんな大所帯のサッカー部の、それも主力選手たちなのだから、きっと自分にも他人にも厳しいアスリートで、緊張感にあふれているにちがいない。

気を引き締めて彼女たちとの対面にのぞんだ。

ところが、この日あつまってくれた9人の選手たちは、身体を冷やさないように冬場の練習ではかならず着用しているという暖かそうなユニフォームさえなければ、どこにでもいそうな、笑顔にあふれ、青春を謳歌する10代の元気な女の子たちでしかなかった。

日本体育大学 女子サッカー部写真

聞けば、いまはちょうどオフ。

これから4年生の卒業と、推薦をうけて入学する新1年生の参加によって、チームメンバーは入れ替わり、新学期前の3月には新チームとして、はやくも4月初旬からはじまる、 あたらしい女子サッカーシーズンにそなえるという。

新チームができあがれば、チームの練習は週6日やる。

だから、1月の末から2月の中旬くらいまでのこの時期は、彼女たちにとってはたぶん、とても貴重な息抜きの時間なのだろう。

いや、彼女たちはアスリートであると同時に学生でもある。集中講義を受講しているメンバーもいるようで、からずしも暇をしている、というわけでもなさそうだ。この日は取材でチームがあつまると知ってか、自主的に練習をする選手もみかけた。

これは女子サッカーにかぎらず、サッカー全体でそうだという話だけれど、1日の練習時間はだいたい2時間くらいらしい。さすがに練習となると、ぐっと引き締まる――のかとおもいきや、やっぱり、彼女たちはとても楽しそうで、和気あいあいとしている。

日本体育大学 女子サッカー部写真 日本体育大学 女子サッカー部写真

試合のシーズンになれば、かならずしもこうはいかないのかもしれないけれど、基本的にいいチーム、いい仲間たちなのだろう。いまのはどうやってやったんだろう? と、あまりの見事さにあっけにとられるような妙技を時折みせるかたわら、こちらまで一緒にボールを蹴りたくなるほど、とにかくサッカーが楽しそうだ。

練習のあと、カメラマンが撮影した写真をみて、プロが撮るとこんなに自分たちがステキにみえるのか、とふざけあっている彼女たちだけれど、それは多分、自己の過小評価だ。彼女たちは、事実、自分たちがいま、まぶしいほどフレッシュに生きていることに、まだ気づいていない。

トレード情報